薄毛のメカニズムについて

全国的に若い世代も含めて、薄毛で悩んでいる人は増えていると言われています。

薄毛の原因にはいくつかのものがあって、食生活や生活習慣が乱れていたり、睡眠をしっかりととれていないケース、頭皮が汚れいて皮脂が溜まっているケースなどがあります。
薄毛対策として代表的なものは育毛剤だけれど、どれでも適当に選ぶのではなくて、自分の症状に合わせて選ぶことが大切です。

薄毛の原因は生活習慣やAGA

生活習慣が乱れているときには栄養素が十分に配合されているものを選ぶべきだし、頭皮が汚れているときには綺麗に汚れを取り除けるタイプのものを選ぶ必要がある。
これらの対策は育毛剤を使ったときの方法だけれど、根本的な薄毛の原因として男性ホルモンが関与しているAGAというものがある。

薄毛の原因がAGAだったときには、様々な育毛剤による対策だけでは改善できない可能性が高く、専門のクリニックに行って治療薬を処方してもらう改善法が有効となる。
クリニックで処方してもらえる治療薬がプロペシアで、厚生労働省の認可を受けている医薬品です。
プロペシアの処方をしているクリニックは、全国的に増えている傾向があるために、各都道府県で見つけることが可能となっています。

AGAによる薄毛男性ホルモンが要因

AGAを引き起こしてしまう理由は、男性の体内にある男性ホルモンのテストステロンが還元酵素の5αリダクターゼと結合することにある。
この両者が結びつくことで、テストステロンが薄毛を引き起こしてしまうDHTへと変換されてしまう。

DHTの影響によって薄毛が進行していくことになるが、プロペシアに含まれている有効成分のフィナステリドの効果によって、テストステロンが還元酵素と結合することを阻害できる。
それによってAGAの進行を食い止められるようになる。

これがAGA治療薬のプロペシアを服用することによる、薄毛の進行を止めるメカニズムと言える。